06.13
Tue
アイコン用

一歩前へ

この、簡易的な絵や文字を描けるツールが気に入っている。

箱を作るけど大事なのは中身じゃない。
 箱自体が作品になってしまっているとゆう事。

一つの出番が過ぎ去り、また次の季節に咲くまで、
今は新しい田んぼで満足しているし、寂しくもある。
関節の間にある軟骨の様に、線を点で繋げて、電気をつけたい。
誰にも知られたくない。呼んで欲しいのにまだ素直になれない。
comment 0 trackback 0
11.06
Sun
僕にとって特別な季節。
すんとしていつも綺麗な景色と気持ちを見せてくれた秋。
IMG_2068.jpg

comment 0 trackback 0
06.10
Fri


ありがたいことに、ここ数年は年に一度のペースで何処かで声を掛けてもらい、展示をさせて頂いています。今年は谷中銀座にある美容院、ドールズです〔http://yanaka-dolls.com〕。Only Yun Yunについて紹介して頂きました〔http://yamakae-dolls.blogspot.jp/2016/04/vol11.html?m=1〕モデルはyunで、ヘアメイクはドールズのヤマちゃんとkj.撮影は自らを博報堂の犬と呼ぶ後藤君によるものです。後藤君は撮影後日、1カ月のオランダ旅行に出ました。
ドールズの2人によるへアメイクがとても素敵で、yunは本当にモデルになったみたいと喜んでたのです。ピアスやイヤリングがヘアに取り付けられてとても可愛いくなりました。紹介文を読んでもOyy工場のことを鋭く繊細に捉えているなと、ブルルっと震えました。
今回の展示については特に特別個体としてのフライヤーなどはありません。すべてsnsでの告知どす。
美容院では自由にご覧、ご購入頂けます。
是非お越しください。

この機会を設けてくれることになったナガバサヨちゃん、ありがとう。

展示
谷中ドールズ 東京都台東区谷中3丁目13の1
6月14日 火曜日〜7月10日 日曜日
月曜日 休み 6/21,22 火水 特別休
平日 11時〜21時
土日 9時〜19時

谷中銀座は夕焼けだんだんで有名で、揚げ物やスイーツなど、食べ歩きが楽しい商店街です。いつも帰りは両手いっぱいのお土産。上野公園まで歩いて最後はアメ横の揚げパンを食べて〆。


Only Yun Yun
伊藤櫻子
comment 0 trackback 0
06.07
Tue
今年の展示、もうすぐ。
来週13日から1カ月、谷中ドールズにて。

来て

comment 0 trackback 0
05.09
Mon
引っ越し片付かず、携帯壊れて、環境の変化。
毎日人との関わりが少な過ぎて、生きている意味が見いだせない。でもお腹にはココがいる。。
comment 0 trackback 0
04.02
Sat
一体自分へ何がしたいのかも、もうよくはわからない。なぜ行きたくない街に行かなければいけないのか。
そのことについて今の旦那とすごく揉めていて、決まってしまったことだけど、悔しくて仕方ない。あなたのしたいことでしょ、とか、愛してない、とか、離婚しよう、などと凄い声量の暴言が次から次へと出てくる。どうしようもない。仕事に行けばレジでニコニコいらっしゃいませと挨拶をしているのに、家に帰ると豹変して鬼のようになる。地獄みたいな目をして。
なぜこんな人生ばかり生きるのか。
悲しくてたまらなくて母に電話をかけたら話を聞いてくれた。泣き崩れる自分に途中から母も号泣しながら話をしている。すると、電話越しに、自分が話す、と父の声。嫌な予感しかない。みのもんたの電話相談に電話をかけてくる依頼者は誰かの悪口を言って、結局は本人がみのもんたに諭されるだけ。父は不満を言う私にやはり説教をし、私はあなたは私の話を一度も聞いてくれたことがない、あなたはいつも私の頭の上に重い重い石を置くだけ!と中国語で真夜中に凄い声量で怒鳴って電話を切った。辛くて泣いていると旦那はうるさいな、と、こっちも、怒鳴る。愛なんてない。いい時と悪い時の差が激しすぎる。
愛なんて。
お腹が心配になるけど、赤ちゃんの事を、ちゃんと考えれていないのかな。何かが酷すぎる。心の奥底の問題、なんだろうな。無視し続けている、ただの悪者になったある自分が、声を上げている。

comment 0 trackback 0
03.31
Thu
ego sun

悲しくて、寂しくて、仕方がない。
自分がしてきたことのせいなのか、血筋のせいなのか、または人間の根源なのかは分からない。全部とも言えるかもしれない。
この街に来たのも、好きな人が出来たからだった。10年たった今、また、好きな人について新しい街に行こうとしている。
その中に自分て、あるのかな?
この街を離れるのが悲しくてたまらない。でも、残ったとしても、何があるかな?悲しい灰だらけコメディの亡骸じゃないかな?
ミスターいらんこと。自分

この りんごを齧る、時間そのものが、必要なのかな、

朝起きたら私はきっと、いいよ。と答えを出す。諦めと、希望と共に。眠りたくなんかない。明日なんて来ないでほしい。でも、どこへ行こう、かな。街中ぐるぐるしても話し相手がいない。欲しいものなんてない。そんな自分を亡骸とともにこの街に捨てていこうか。大好きな下北に。
目を、さましたい。
眠りたくはないけれど、休みたい。分かり合えないまま、ひとりのまま、このまま。ではおれない。人間の、寂しさを癒すべく、人と接するべく、、

何かを諦めないようこのまま朝まで起きていたって、いい。さよならはまだしない。
はっはー


IMG_8681.png

comment 0 trackback 0
01.27
Wed
IMG_1918.jpg

いつの間にか人世を諦めていたんだなと、思いました。
職場以外の人とはほとんど話さない。人口の多い街で、たくさんの人を見るのに、誰とも関わらずに毎日が過ぎ去ってゆく。こんな世界にあぁ、自分がしたんだな。ずっと過去の失敗ばかりにフォーカスして、誰とも関わりたくないと、心の中で念じていた私が造り出した世界なんだ。


時々
ふと 自分から飛び出す。もしかして、みんなは楽しいのかな?もうちょっと世界が明るく見えて、夢も感じるのかなと。もしそうなら、私もこの空にかかる灰色の雲を蹴散らして太陽の光を体いっぱいに浴びたい。目を閉じて気づかないふりをしていた温かい光に目を向けれたら、是即幸せ。。。
comment 0 trackback 0
12.25
Fri
クリスマス、自分の為に買った大きな靴下。履いてみたら、自分がプレゼントになってしまった。
10年前に私の人生を転がす為にすーっとやってきて、ヒュッと消えてったやつ。
止まっていた時計が、あった。
comment 0 trackback 0
back-to-top