06.30
Sun
最後の記事からもう一年が経つのに、飽きもせずここを訪ねてくる人が一日一人いるかいないか。二人じゃない。0人の時はある。ここが恥ずかしくて公にはしていないけどHPリンクには一応張っている。IGから探し出して訪ねて来る人が毎日一人いるとは思えない。考えられるのは、ここが生きていた時に毎日訪ねてくれたあなたが今も習慣としてきているとゆう事。そうですか?私を忘れないでいてくれているのか、私を恨んでいるのか。私と話したいけど怖くて出来ないのか。
どれも違うけど、最後の理由は私も少しあるかもしれません。

恥ずかしいのにリセットしない理由。。1、怠惰。2、変化への恐れ。
消したほうがいいだろうに、頑張った自分もいるから消すのが怖いのか?
私は悪くないと叫びたいからか。うさぎさん。

眠れなくてここにきた。OYYブランドを目指すのには相応しくないブログ。
ほとんど眠れないことはないのにここまで来たのは、たぶんカンタが生まれて三年経ったから。
カンタはもうすぐ3歳になる。3年たって、また子供が欲しくなってきた。
そろそろ変わらなきゃいけない。最後の記事から状況が変わらないyunyunのアーティスト生命。
夢を見ているのにその叶え方がわからない。まるで自分が阻止しているかのように感じる事もある。
夢は、もう一人子供が欲しいとゆう事。カンタは可愛くて、私はもうひとり可愛い子供がいたらいいなと考える。
猫なで声で旦那に仕掛けることなんてできず、いつだって同意の元に前に進みたいのに、思い通りにならないと自分の気持ちばかり考えてしまう。
何も言わないのは、いつも毒を吐いては次の日に後悔するから。消せばいいのに、それもしない。綺麗事ばかりをゆう事も出来ない。作品のように垂れ流しているだけなのか。
最近自分に謝るとゆう事を知った。御免なさいではなく、申し訳ございません。自分を失望させて、申し訳ございません。
愛しています。
他の人がやるようにはできないけど、ありのままの自分で歩いて生きたい。ただ、自分の足で立ちたい。そうします。
私は立ち上がって夢を叶えて生きたい。夢ばかり見て、頭がおかしいと、言われても、夢を見続けます。それがどんな形で人と接する事になるかは分からないけど、今はやっぱり湧き続ける物体のイメージを形に起こしながら、世界を変えて行く事である。今に限った事ではない。前からずっとそうして来た。これからもそうなるかどうか、花が開くかどうかは分からないけれど、イメージではもちろん満開になるわけで、でも、本当は未来は分からないはずで、、
自分は製作を続ける喜びと(家庭を支えるほど)売れないとゆう苦しみの間で、旦那や家族の支えのお陰でそれでも続けているわけだけど、もう変わりたい。一家の大黒柱になりたいし、父母や家族の支えになりたい。夢を見る事でみんなにも夢を見て欲しいし、自分から湧き出す私でみんなを驚かせたいし、魅了したいし、幸せな気持ちになって欲しい。そして、カンタにお兄ちゃんになってもらいたい。パパにまた赤ん坊を抱いて欲しい。

夢を見続けるのが、家族を犠牲にするかもと、、 
私が外で働かない代わりに旦那が働かんくてはいけないと。。
でも夢を見なかったら私の心は死ぬわけで、そうすれば同じような経験をしている人の心もみんな死んでしまう事になるのか?とにかく一刻も早く水面から出て息をしたい。
水の中でも呼吸している事に気づきたい。

頭おかしい文になってしまった。
世界がどう変わるのか、早くこの目で見て見たい。
comment 0 trackback 0
05.29
Tue
良くある事だけど先日、旦那と喧嘩した。
言い合いになり、『お前の仕事なんてクソみたいな仕事だな!』と罵られた。怒り噴騰で手には布団叩きを。家の柱を一発しばいて、後は我慢する。叩けばいつも怪我をするのは自分だからだ。何度病院に行ったか分からない。今の旦那は学年は同じでいろいろ話し合いやら相談は出来る。前の旦那とは確か今のように自分の気持ちを話したりは出来なかった気がする。相談出来ていたなら離婚などしなかったかもしれない。その分今はいろいろ話せるからいいのだが、酷い喧嘩が絶えることはない。互いにモラハラを繰り返す。
クソが胸に突き刺さっている。いつまでたってもちゃんと稼げない。売れない。ただ、家は守っている。ごはんを作って洗濯をして、掃除はちょいちょいだけど、子どもの面倒も見て。それだけやっていると正直製作のスイッチはなかなか入らない。やりたい事はたくさんあるし、直さなきゃならない服も減らない、保育園に必要なものもまだまだある。こんな風に頑張る母を父は認めてはいない。家事と育児を完全に軽視している。外で稼いできた金は自分の物だと思ってる。私は稼ぎたいと強く願う。クソ野朗のもとから旅立つために。
なかなかスイッチが入らない私は時間が出来ると逆に何をしたらいいか分からなくなる。オンラインをすればいいのに、たまらず外へ。ふと、自分がクソに思えてくる。ならクソになってやろうじゃないか。作品が作れても作れなくても、誰にも何も言わせない糞に。泣き言なんてかっこ悪いこと言わないで下さいと好きな人に言われた事がある。確かにそうだな。
父は風属性らしい。次の日にはおはようございますと言ってきたりする。台風は過ぎたんだろうか。
私は水属性らしい。濁った水はなかなか元に戻らない。絶対許さない。

って、ただの愚痴になったな。
comment 0 trackback 0
06.13
Tue
アイコン用

一歩前へ

この、簡易的な絵や文字を描けるツールが気に入っている。

箱を作るけど大事なのは中身じゃない。
 箱自体が作品になってしまっているとゆう事。

一つの出番が過ぎ去り、また次の季節に咲くまで、
今は新しい田んぼで満足しているし、寂しくもある。
関節の間にある軟骨の様に、線を点で繋げて、電気をつけたい。
誰にも知られたくない。呼んで欲しいのにまだ素直になれない。
comment 0 trackback 0
11.06
Sun
僕にとって特別な季節。
すんとしていつも綺麗な景色と気持ちを見せてくれた秋。
IMG_2068.jpg

comment 0 trackback 0
06.10
Fri


ありがたいことに、ここ数年は年に一度のペースで何処かで声を掛けてもらい、展示をさせて頂いています。今年は谷中銀座にある美容院、ドールズです〔http://yanaka-dolls.com〕。Only Yun Yunについて紹介して頂きました〔http://yamakae-dolls.blogspot.jp/2016/04/vol11.html?m=1〕モデルはyunで、ヘアメイクはドールズのヤマちゃんとkj.撮影は自らを博報堂の犬と呼ぶ後藤君によるものです。後藤君は撮影後日、1カ月のオランダ旅行に出ました。
ドールズの2人によるへアメイクがとても素敵で、yunは本当にモデルになったみたいと喜んでたのです。ピアスやイヤリングがヘアに取り付けられてとても可愛いくなりました。紹介文を読んでもOyy工場のことを鋭く繊細に捉えているなと、ブルルっと震えました。
今回の展示については特に特別個体としてのフライヤーなどはありません。すべてsnsでの告知どす。
美容院では自由にご覧、ご購入頂けます。
是非お越しください。

この機会を設けてくれることになったナガバサヨちゃん、ありがとう。

展示
谷中ドールズ 東京都台東区谷中3丁目13の1
6月14日 火曜日〜7月10日 日曜日
月曜日 休み 6/21,22 火水 特別休
平日 11時〜21時
土日 9時〜19時

谷中銀座は夕焼けだんだんで有名で、揚げ物やスイーツなど、食べ歩きが楽しい商店街です。いつも帰りは両手いっぱいのお土産。上野公園まで歩いて最後はアメ横の揚げパンを食べて〆。


Only Yun Yun
伊藤櫻子
comment 0 trackback 0
06.07
Tue
今年の展示、もうすぐ。
来週13日から1カ月、谷中ドールズにて。

来て

comment 0 trackback 0
05.09
Mon
引っ越し片付かず、携帯壊れて、環境の変化。
毎日人との関わりが少な過ぎて、生きている意味が見いだせない。でもお腹にはココがいる。。
comment 0 trackback 0
04.02
Sat
一体自分へ何がしたいのかも、もうよくはわからない。なぜ行きたくない街に行かなければいけないのか。
そのことについて今の旦那とすごく揉めていて、決まってしまったことだけど、悔しくて仕方ない。あなたのしたいことでしょ、とか、愛してない、とか、離婚しよう、などと凄い声量の暴言が次から次へと出てくる。どうしようもない。仕事に行けばレジでニコニコいらっしゃいませと挨拶をしているのに、家に帰ると豹変して鬼のようになる。地獄みたいな目をして。
なぜこんな人生ばかり生きるのか。
悲しくてたまらなくて母に電話をかけたら話を聞いてくれた。泣き崩れる自分に途中から母も号泣しながら話をしている。すると、電話越しに、自分が話す、と父の声。嫌な予感しかない。みのもんたの電話相談に電話をかけてくる依頼者は誰かの悪口を言って、結局は本人がみのもんたに諭されるだけ。父は不満を言う私にやはり説教をし、私はあなたは私の話を一度も聞いてくれたことがない、あなたはいつも私の頭の上に重い重い石を置くだけ!と中国語で真夜中に凄い声量で怒鳴って電話を切った。辛くて泣いていると旦那はうるさいな、と、こっちも、怒鳴る。愛なんてない。いい時と悪い時の差が激しすぎる。
愛なんて。
お腹が心配になるけど、赤ちゃんの事を、ちゃんと考えれていないのかな。何かが酷すぎる。心の奥底の問題、なんだろうな。無視し続けている、ただの悪者になったある自分が、声を上げている。

comment 0 trackback 0
03.31
Thu
ego sun

悲しくて、寂しくて、仕方がない。
自分がしてきたことのせいなのか、血筋のせいなのか、または人間の根源なのかは分からない。全部とも言えるかもしれない。
この街に来たのも、好きな人が出来たからだった。10年たった今、また、好きな人について新しい街に行こうとしている。
その中に自分て、あるのかな?
この街を離れるのが悲しくてたまらない。でも、残ったとしても、何があるかな?悲しい灰だらけコメディの亡骸じゃないかな?
ミスターいらんこと。自分

この りんごを齧る、時間そのものが、必要なのかな、

朝起きたら私はきっと、いいよ。と答えを出す。諦めと、希望と共に。眠りたくなんかない。明日なんて来ないでほしい。でも、どこへ行こう、かな。街中ぐるぐるしても話し相手がいない。欲しいものなんてない。そんな自分を亡骸とともにこの街に捨てていこうか。大好きな下北に。
目を、さましたい。
眠りたくはないけれど、休みたい。分かり合えないまま、ひとりのまま、このまま。ではおれない。人間の、寂しさを癒すべく、人と接するべく、、

何かを諦めないようこのまま朝まで起きていたって、いい。さよならはまだしない。
はっはー


IMG_8681.png

comment 0 trackback 0
back-to-top